gran mocco −グランモッコ−

天草の蒼い海から、
優しいママたちへ。

グランモッコの元となる「もっこ」は、熊本県の西海岸、天草地方で古くから愛されてきたおんぶ紐のこと。
昔、海辺で海藻などをとる女性の仕事では、赤ちゃんを海風から守り潮の満ち引きで流されないよう、
おんぶして半纏(はんてん)を羽織る必要がありました。
そのおんぶ紐と半纏をくっつけたものが「もっこ」の始まりだと言われています。
でも、「もっこ」が永く愛されてきたのは、そういった実用面だけではないのかもしれません。
密着して高い位置におんぶされた赤ちゃんが、お母さんと2人、いつも同じ景色を眺めている。
まだ言葉を話せない赤ちゃんの目に映る蒼い海と、お母さんの背中から伝わる温かさが、
子どもたちを健やかに育んでいったに違いありません。

熊本県の西海岸・天草地方の海辺の様子

昭和30年頃の天草の風景

  1. 手探りから始まった、おんぶもっこ時代。

    手探りから始まった、おんぶもっこ時代。

  2. 自らの子育て中に天草の友人のおかげで「もっこ」に出会った私たちは
    「この素晴らしさを多くの人に伝えたい」と思い、
    伝統的なもっこを作っていた方に学びに行き、
    さらに現代のママ目線で改良を加えながら、
    グランモッコの前身となる「おんぶもっこ」を、
    仲間のママと共に手作りで作り始めました。
    すると、そんな活動がメディアに取り上げられ口コミも広がって、
    いつしか多くのお問い合わせをいただくようになりました。


  1. グランモッコスタッフ

    現在のグランモッコスタッフ達。

  2. やがて全国からもお声かけをいただくようになる中で、
    さらに使いやすく質の良い商品にして、全国の赤ちゃんとママの幸せに貢献したいと考えるようになり、
    株式会社グランモッコを設立、「おんぶもっこ」に改善を加え、本格的な商品開発に入りました。
    開発には理学療法士からトップスタイリストまで様々な方に意見を伺い、
    道具として完成度も高く、尚且つお洒落で、身につけて気持ちが上がるような道具であるよう、試行錯誤を繰り返しました。また、工場生産に移ってからも天草を始め国内生産にこだわり、品質に自信を持ってお届けできるもっこを作り続けています。
    抱っこブームにより、おんぶをする人が少なくなった現代。
    単に販売だけではなく、もっともっと、おんぶでたくさんのママと赤ちゃんを笑顔にできたらと、
    新商品開発に取り組むだけではなく、グランモッコが認定したアンバサダーによる
    「もっこ」の使い方レクチャーや体験会、交流会を行っています。
    私たちの活動の輪は、今、全国各地の優しいママたちに広がっています。


「これ、イイっ!」

グランモッコが、
たくさんのママに支持される理由

  1. グランモッコが、たくさんのママに支持される理由
  2. ほっぺが触れ合う密着おんぶ

    高い位置でおんぶができるので、ママの肩越しに同じ世界が見え、
    言葉を越えたコミュニケーションを育むことができます。
    語りかけも豊かになるので、赤ちゃんはご機嫌、寝つきもよくなります。

    人に優しい優れもの

    布に紐のついたシンプルな作りは、パパでもママでもサイズ調整なしで使えます。
    そのまま布団になったり、授乳ケープやおむつ替えシート、チェアベルトになったりと多彩な使い方が魅力。
    重心が安定する高い位置でのおんぶは、赤ちゃんが 軽く感じられて、肩こりや腰痛になりにくいと喜ばれています。また、両手が空く身軽さは、万一の災害時にも役立つはずです。


  1. グランモッコが、たくさんのママに支持される理由
  2. 道具を超えて、ファッションへ

    選び抜いた上質な生地と洗練されたデザインは、お好きなファッションとの相性もばつぐん。
    TPOに合わせて「ベーシック」「フォレスト」を使い分ければ育児期間中のコーディネートの幅も、赤ちゃんとの行動範囲も、ぐんとひろがります。

    幸せな子育て、ひろげています

    グランモッコは、自分に合った使い方ができ、いろいろ工夫して使えるのも大きな魅力。
    そこで、おんぶの良さ、グランモッコのより良い使い方をみんなで共有する
    「グランモッコ交流会」を各地で開催して、幸せな子育ての輪をひろげています。
    イベントスケジュールを見る


グランモッコオンラインショップ